サイト内検索

電話相談

 

要覧及び研修事業案内

 (表紙のデザインは、北海道八雲養護学校の生徒が作成したものです)

    2019年度研修事業案内 
 
3469667
オンラインユーザー10人

研修支援

 研修支援


◆ 目的とポイント

 特別支援教育にかかわる教職員が、教育実践上の課題を自主的に解決するため、特セン所員を講師とした講義や、特センへの来所による研修を実施することにより、学校力や教職員の指導力の向上を図ります。

 ポイント 地域のニーズに応じた研修方法の選択


◆ 研修支援の形態
 研修支援の形態として、「訪問による研修支援」、「来所による研修支援」、「テレビ会議システム等による研修支援」の3種類があります。

○ 訪問による研修支援
 学校や教育委員会、特別支援教育関係団体の研究会及び研修会の要請に応じ、特セン所員を研修会などの講師等として派遣します。

○ 来所による研修支援
 特別支援教育にかかわる教職員が、個人やグループ、団体等の特定のテーマに基づき、特センに来所し、課題解決に向けて行う研修について特セン所員が支援します。

○ テレビ会議システム等による研修支援
 学校や教育委員会、特別支援教育関係団体の要請に応じ、テレビ会議システム等を活用し、受講者のいる会場と特センを映像と音声で結びながら、特セン所員が講義などを行います。(訪問や来所による研修支援後のフォローアップを含む)

◆ 研修支援の内容
(1)訪問による研修支援
【主な研修内容】
○ 校内研修での講義・助言
 ・教育課程の編成・実施や指導上の課題等の解決に向け、各学校の研究内容に応じて講義などを行います。
○ 研究会等での講義・助言
 ・市町村教育委員会や任意の研究団体が主催する研究会等において、講義などを行います。
 ※研修支援の可否については、申し込み後、特センから申込希望者に連絡し、回答します。
 ※講義内容等により、近隣の特別支援学校の教員を紹介する場合があります。
 ※派遣に係る旅費は、依頼者の負担になります。




(2)来所による研修支援
【主な研修内容】
①教育資料の活用
 ○ 指導内容や方法について
  ・特別支援教育にかかわる専門図書や特別支援学校の研究紀要等を活用し、障がいの特性の理解や指導方法などについて研修できます。
 ○ 各種心理検査の内容・方法について
  ・心理・教育アセスメントバッテリー日本版KABC-Ⅱ、WISC-Ⅳ知能検査、田中ビネー知能検査Ⅴ等、検査用具を実際に使用しながら、検査方法などについて研修できます。
②特セン所員の助言について
 ・希望により、特センの研修室において、所員が講義を行う研修会を実施することができます。
 ※時間は、平日の9:00~12:00、13:00~17:00(祝日・年末年始を除く)です。
 ※研修講座の開催日等を希望された場合は、別の日程を検討していただく場合があります。
 ※研修支援の可否については、申し込み後、特センから申込希望者に連絡し、回答します。




(3)テレビ会議システム等による研修支援
【主な研修内容】
 ・「(1)訪問による研修支援」、「(2)来所による研修支援」と同内容の研修ができます。
 ※研修支援の可否については、申し込み後、特センから申込希望者に連絡し、回答します。
 ※テレビ会議システム等を使用するための機器の準備が必要です。